外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【リオデジャネイロ共同】五輪開催中のリオデジャネイロ市内で外国人の五輪関係者らが巻き込まれる交通事故が続いている。15日にはドイツ代表のコーチが死亡。別の事故でフランス人記者らが重傷を負い入院した。世界保健機関(WHO)によると、ブラジルの死亡事故発生率は日本の約5倍。死者数は年4万人を超え、インド、中国に次ぐ世界ワースト3位だ。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信