体操のリオデジャネイロ五輪代表最終選考会を兼ねた全日本種目別選手権最終日は5日、東京・国立代々木競技場で決勝が行われ、男子床運動は世界王者の白井健三(日体大)が16・650の高得点で制し、初の代表に決まった。田中佑典と山室光史(ともにコナミスポーツ)はいずれも2大会連続の代表入り。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。