外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【リオデジャネイロ共同】リオデジャネイロ五輪のメイン会場となるリオデジャネイロ市西部バーラ地区の選手村が24日、正式にオープンし、開村式を前に各国・地域の選手団の入村が始まった。日本のカヌー勢も早速、選手村入りし、スラロームの男子カヤックシングルに出場する矢沢一輝選手(善光寺大勧進)は「いよいよという感じ。中がどうなっているか楽しみ」と語った。日本選手団は8月2日に入村式を行う予定。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信