外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【リオデジャネイロ共同】「イパネマの娘」は私なのに「残念」―。リオデジャネイロ五輪開会式で演奏されたボサノバの名曲のモデルだった女性エロイザ・ピニェイロさん(71)が、開会式に自分が登場する機会がなかったことに不満を漏らした。ブラジルのメディアが11日までに伝えた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信