外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ロンドン共同】国際パラリンピック委員会(IPC)は22日、ロシアの国家ぐるみのドーピング問題を巡り、電話による緊急理事会でリオデジャネイロ・パラリンピック(9月7日開幕)への参加の可否を審議し、ロシア・パラリンピック委員会の資格停止処分に向けた手続きを開始したと発表した。8月上旬に結論を出すとしたが、2012年ロンドン大会で中国に次ぐ金メダル数2位の強豪国のリオ大会参加は厳しい情勢となった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信