外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 三菱ふそうトラック・バスの大型トラックの部品に不具合があり、リコールで部品を交換したものの、その後の修理で不具合があった部品を再び取り付けるミスをしていたことが20日分かった。動力を伝えるクラッチの部品で、亀裂が発生して破損し変速や走行ができなくなる恐れがある。同社は20日、国土交通省に約380台のリコールを届けた。国交省は「こうしたケースはほとんど聞いたことがない」と話している。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信