外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米上院の商業科学運輸委員会は20日、タカタ(東京)製エアバッグの欠陥による大規模リコール(無料の回収・修理)問題で公聴会を開いた。タカタと、乗用車に搭載した同社製エアバッグの欠陥で死亡事故が起きたホンダの両社幹部は、タカタ製エアバッグを原因とした事故で死傷者が出たことについて「深く謝罪したい」と述べた。両社は信頼回復に向け一層の対応を迫られそうだ。

共同通信