外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 国土交通省は19日、三菱自動車が2010年11月以降に届けた軽自動車のエンジンオイル漏れをめぐるリコールに関し、最初に不具合情報を入手してからの対応が消極的で、同省への説明も不適切だったとして、同社を口頭で厳重注意した。道路運送車両法に基づき、近く立ち入り検査する方針。三菱自は00年以降、リコール隠しが度々発覚し社会的に強い批判を受けた。今回の問題で企業体質があらためて問われそうだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信