外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 国交省の交通政策審議会小委員会は20日、JR東海が計画するリニア中央新幹線(東京―大阪)の整備効果をルートごとに比べた結果を公表した。建設費などに対する整備効果の比率は、ほぼ直線の「南アルプスルート」が1・51倍、南アルプスを北に迂回する「伊那谷ルート」は1・24倍で、直線ルートが優位だった。審議ではこの結果に目立った異論はなく、ルート選定はJR東海が主張する南アルプスで事実上決着。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信