外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 リニア中央新幹線の開業を目指すJR東海は29日、総延長42・8キロに延伸した山梨リニア実験線(山梨県上野原市―笛吹市)で新型車両L0系を使って、約2年ぶりに最高時速500キロでの試験走行を再開した。JR東海は1997年4月から、実験線の先行区間18・4キロで試験していたが、2011年9月から休止し、東の上野原市側に7・8キロ、西の笛吹市側に16・6キロ延伸する工事を完了した。

共同通信