外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【クアラルンプール共同】シンガポール与党の人民行動党(PAP)は6日までに、初代首相で「建国の父」とされるリー・クアンユー氏とゴー・チョクトン前首相らが党の幹部職である中央委員を辞任することを承認した。5月の総選挙で野党が過去最多議席を獲得するなど事実上の一党支配を継続してきたPAPに対する国民の不満が高まるなか、世代交代による党の刷新をアピールするのが狙いとみられる。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信