外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 阪神淡路大震災で亡くなった人々の鎮魂と復興への祈りを込め、12月2日に始まる光のイベント「神戸ルミナリエ」。16年目を迎える今年、遺族や被災者が体験を語り継ぐ場が初めて設けられる。「若い世代が震災を知る手助けになれば」。13日までに約10人の語り部が命の尊さを訴える。神戸芸術工科大のかわいひろゆき教授の研究室が企画。2~13日の会期中、毎日、東遊園地(同市中央区)の特設テントで開かれる。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信