外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ブエノスアイレス共同】国際オリンピック委員会(IOC)は8日、ブエノスアイレスで総会を開き、2020年東京五輪の実施競技の残り1枠にレスリングを選んだ。IOC委員による投票で、統合した野球とソフトボール、スカッシュを抑えた。レスリングは2月のIOC理事会で除外の危機に陥ったが、組織改革などが評価され存続が決まった。24年五輪でも自動的に実施される。

共同通信