外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ブダペスト共同】レスリングの世界選手権第5日は20日、当地で男女3階級が行われ、女子67キロ級で初出場の18歳、土性沙羅が銅メダルを獲得した。3試合を勝ち上がり、準決勝で敗れたが、3位決定戦でアリネ・フォケン(ドイツ)にフォール勝ちした。日本女子のメダルは7階級で金3個、銅1個。72キロ級の鈴木博恵は2回戦で屈し、敗者復活戦も敗れた。男子グレコローマンスタイル55キロ級で田野倉翔太は3回戦敗退。

共同通信