外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】レバノンの首都ベイルートで19日、治安警察の情報部門トップで反シリア派のハッサン氏らが死亡したテロを受け、ミカティ首相は20日にテレビ演説し、国内の親・反シリア勢力の双方に沈静化を呼び掛けた。シリアの影響を受ける隣国レバノンでは、シリアのアサド政権がテロに関与し、同政権と敵対するハリリ前首相に近いハッサン氏を暗殺したとの疑いが浮上、両勢力の対立が強まっている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信