外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】2000年に米国に亡命したロシアの元大物スパイ、セルゲイ・トレチャコフ氏が6月13日、米フロリダ州の自宅で心臓発作のため死去していたことが、10日までに分かった。53歳だった。旧ソ連の情報機関、国家保安委員会(KGB)に入り、90年からはカナダで勤務。亡命時はロシア国連代表部書記官を務めていたが、実際には国連などを舞台にスパイ活動に従事した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信