外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府の宇宙政策委員会の有識者会合が2040~50年代を目指し、繰り返し使える「再使用型ロケット」の開発を検討すべきだとする見解をまとめたことが19日、分かった。有識者会合の専門部会で今後議論し、将来の宇宙輸送に関する長期ビジョンに盛り込む方針。

共同通信