世界の出来事

 【モスクワ共同】ロシア国防省は16日、ロシア軍によるシリア北部ラッカ南郊への空爆により、過激派組織「イスラム国」(IS)指導者のアブバクル・バグダディ容疑者が死亡したとの情報を得て、複数のルートで確認中だと発表した。空爆は5月28日未明、IS幹部らが会合していた拠点に対して実施された。

共同通信

 世界の出来事