外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ウラジオストク共同】ロシアと中国の両国海軍による合同軍事演習が5日、中国艦艇7隻のロシア極東ウラジオストク港への入港により始まった。ロシア側によると、8~10日に同港沖の日本海で大規模演習を行い、両軍の総括会議を経て12日に終了する。演習にはロシアから太平洋艦隊の旗艦のミサイル巡洋艦や大型対潜哨戒艇2隻など計7隻、中国からはミサイル駆逐艦やフリゲート艦など7隻の艦艇が参加。航空機やヘリも10機以上が参加する。

共同通信