外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は1日、ロシアのメドベージェフ大統領の北方領土訪問を受け、対抗措置の検討に入った。駐ロ大使召還や一時帰国なども検討対象になるとみられる。ただ、アジア太平洋経済協力会議首脳会議に合わせた大統領訪日を控えていることから、政府内では大使召還など強硬措置には慎重な意見が根強い。仙谷由人官房長官は1日午後の記者会見で、大統領訪問時の言動やロシア側の出方などを見極める考えを表明。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信