外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【トロント共同】世界反ドーピング機関(WADA)は18日、ロシアが2014年ソチ冬季五輪などのドーピング検査で国ぐるみの不正を行っていたとする調査チームの報告を受け、開幕が迫るリオデジャネイロ五輪・パラリンピックでロシア選手団の全面的な出場禁止を検討すべきだと国際オリンピック委員会(IOC)と国際パラリンピック委員会(IPC)に勧告した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信