外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【テヘラン共同】イランで国防や外交政策を統括する最高安全保障委員会のシャムハニ事務局長は23日、西部ハマダンの空軍基地をロシアがシリア空爆の新たな出撃拠点として利用したのは、シリアに軍事関与を続けるイランの要請に基づくものだと明らかにした。国営テレビがインタビューの内容を伝えた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信