外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【モスクワ共同】ロシアの東シベリア・ザバイカル地方チタの矯正施設で7月、酒に酔ったとみられる看守らが複数の服役囚を暴行する事件があった。服役囚は「サッカーのワールドカップ(W杯)でロシアが負けた鬱憤晴らしのようだった」と主張し、連邦捜査委員会が調査を始めた。ロシア紙RBKが報じた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信