外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】スパイサー米大統領報道官は11日の記者会見で、シリア北西部イドリブ県で起きた化学兵器を使ったとみられる空爆を巡り、アサド政権を擁護するロシアは「孤立している」と述べ、ロシアにアサド政権との関係を考え直すよう求めた。ホワイトハウス当局者は記者団に対し、被害者から集められたサンプルから、空爆で猛毒サリンが使われたことが確認されたと明らかにした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信