【モスクワ共同】ロシアによるウクライナ南部クリミア半島の強制編入に抗議し、テロ準備罪でロシアの裁判所で禁錮20年の判決を受けたウクライナ人映画監督が刑務所でハンガーストライキを実行、今月21日で100日を迎えた。「事件は捏造だ」などと主張し早期釈放を求める米国や欧州連合(EU)にロシア当局が応じる気配はない。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。