外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【モスクワ共同】リオデジャネイロ・パラリンピック開会式でのベラルーシ選手団の入場行進の際、国家主導のドーピングで今大会に出られなくなったロシアの国旗が掲げられた問題で、ベラルーシ大統領報道官は8日「選手団の先頭に両国旗を並べて持ち歩くべきだった」と述べ、国際パラリンピック委員会(IPC)の批判は全く意に介さない姿勢を示した。両国メディアが報じた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信