ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ロシア帝政ストルイピンの像建立

 【モスクワ共同】今年生誕150年を迎えたロシア帝政末期の首相ストルイピン(1862~1911)の像が首都モスクワの連邦政府庁舎脇に建立され、27日にプーチン大統領とメドベージェフ首相ら閣僚がそろって献花した。ストルイピンは05年の第1次ロシア革命後の混乱収拾や内政改革に尽力する一方、反対派弾圧など強権政治を断行。後に暗殺されたが、プーチン氏はストルイピンを高く評価していると公言している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。