外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【モスクワ共同】ロシア紙イズベスチヤは15日までに、首都モスクワ北東のイワノボ州の旧地下核実験場付近が放射性物質セシウム137で汚染され、なお危険な状態だと報じた。実験場の近くの川を通じモスクワ東方を流れるボルガ川に汚染が拡大する可能性も指摘され、国営原子力企業ロスアトムが除染を行う方針。1971年に同実験場で行われた核実験では、放射性物質が混じった水が20日間以上、間欠泉のように噴き出した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信