外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【モスクワ共同】第2次大戦後にサハリン(樺太)で旧ソ連軍の捕虜となり、解放後もロシアに残留した中川義照さんがロシア南部カルムイキア共和国で昨年、死去していたことが10日までに分かった。90歳だった。2005年に厚生労働省のDNA鑑定で、ロシア残留日本人としては初めて身元が判明。06年に妹が住む北海道美唄市などに一時帰国し、話題になった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信