外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】ロシアのツポレフ95S長距離戦略爆撃機2機が今月12日、米領グアム島の周囲を旋回飛行し、米軍のF15戦闘機2機が緊急発進(スクランブル)していたことが分かった。米太平洋空軍が15日明らかにした。ロシア軍機がグアム周辺を飛行するのは異例。ツポレフは米領空の侵犯はしておらず、スクランブルを受けたツポレフは、グアム島の北方に向けて現場の空域を離れた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信