外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【モスクワ共同】ロシア南部チェチェン共和国の首都グロズヌイで4日、イスラム過激派と治安部隊の激しい銃撃戦があり、双方で二十数人が死亡した。カフカス地方一帯にイスラム国家の樹立を目指す武装勢力が、イラクとシリアで勢力を拡大する「イスラム国」と連携して新たな攻勢に出たとの見方が強まっている。

共同通信