外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ウィーン共同】国際陸上競技連盟は17日、ウィーンで開いた理事会で、反ドーピング態勢が改善されなかったロシアの陸上チームを8月5日開幕のリオデジャネイロ五輪に参加させないことを決めた。国外を拠点に活動し、ドーピングに関与していないと明確に証明できる選手に限り、個人資格で五輪参加を申請できるよう規定を変更したが、ロシア調査チームの責任者、ルネ・アンデシェン氏は「非常に狭き門だ」と語り、参加できるのは少数になるとの見通しを示した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信