外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【モスクワ共同】3月4日のロシア大統領選で当選が有力視されているプーチン首相に批判的な独立系紙ノーバヤ・ガゼータの大株主アレクサンドル・レベジェフ氏は21日、インタファクス通信に対し、自身が経営する「国民準備銀行」で当局の大規模検査が続いているため同紙が資金難に陥っていることを明らかにした。ノーバヤ・ガゼータはレベジェフ氏とゴルバチョフ元ソ連大統領が大株主。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信