【エルサレム共同】ロシアのラブロフ外相は23日、イスラエルを訪れ、同国のネタニヤフ首相らとエルサレムで会談した。イスラエルのメディアによると、ロシアはシリア内戦を巡り、イスラエルの占領地ゴラン高原からシリア側に約100キロの緩衝地帯を設け、アサド政権を支援するイランの関連部隊が立ち入らないようにすることを提案したという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。