外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【モスクワ共同】ロシア軍のマカロフ参謀総長は14日、記者団に対し、北方領土の5駐屯地を来年、2カ所に集約した上で軍備を近代化する方針を示した。同国の各通信社が伝えた。北方領土には第18機関銃・砲兵師団が5駐屯地に分散配置されているが、マカロフ氏は「われわれは2013年には(国後、択捉島に各1カ所の計)2駐屯地の施設工事を完全に終わらせる」と話した。工事は今年夏から始まるとしている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信