外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【モスクワ共同】強烈な寒波に見舞われているロシアで25日までに、少なくとも123人が死亡した。地元メディアが伝えた。AP通信によると、首都モスクワでは24日、氷点下26度まで冷え込んだ。寒さは10日以上続いており、東シベリアでは氷点下60度に達した地域もある。死者の多くはホームレスの人たちという。これまでに800人以上が入院した。気象当局者によると、ロシア西部では今週後半に気温が上昇しそうという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信