外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【チェリャビンスク共同】ロシア通信によると、ロシア科学アカデミー隕石委員会のビクトル・グロホフスキー委員ら専門家は17日、ロシア南部チェリャビンスク州のチェバルクリ湖の氷上で採取された鉱物片を、同州周辺に落下した隕石の一部と断定した。グロホフスキー氏は同通信に「解析の結果、採取した鉱物片は約10%の鉄分を含む隕石であることが分かった」と説明し「チェバルクリ隕石」と命名されるだろうと語った。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信