外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【モスクワ共同】記録的猛暑と少雨による干ばつ被害拡大のため、ロシア政府が導入を決めた小麦などの穀物輸出一時禁止措置が15日から実施された。世界有数の小麦生産国ロシアの輸出禁止により小麦の国際価格上昇も予想される。輸出が一時禁止されるのは小麦、大麦、ライ麦、トウモロコシや小麦粉など。禁輸は当面、今年12月31日までの予定だが、延長される可能性もある。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信