外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【モスクワ共同】ロシア主要メディアなどによると、同国情報機関、連邦保安局(FSB)は13日夜から14日にかけて、モスクワの米大使館のライアン・フォグル3等書記官を、ロシアの情報機関員を協力者に取り込もうとした現行犯で拘束。ロシア外務省は14日、同書記官に国外退去を命じた。同書記官は大使館の政治部所属だが、FSBは書記官の肩書は隠れみので、実際は米中央情報局(CIA)要員として活動したとみている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信