外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米国土安全保障省のジャネット・マンフラ副次官代行は21日、昨年の米大統領選にロシアがサイバー攻撃で干渉した疑惑について上院情報特別委員会の公聴会で証言し、ロシアのハッカーが全米50州のうち21州の選挙システムを狙い、サイバー攻撃を仕掛けた証拠があると明らかにした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信