外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】横領などの罪に問われた韓国ロッテグループ会長の重光昭夫(韓国名・辛東彬)被告の論告求刑公判が30日、ソウル中央地裁で開かれ、検察は懲役10年、罰金1千億ウォン(約101億円)を求刑した。兄宏之(同・辛東主)被告には懲役5年、罰金125億ウォンを求刑した。聯合ニュースが伝えた。判決公判は12月22日。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信