外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】韓国ロッテグループの重光昭夫(韓国名・辛東彬)会長(61)は28日、韓国検察が横領や背任の疑いで逮捕状を請求したことを受け、ソウル地裁に出頭した。地裁は昭夫氏への聴取などを基に逮捕状発付の是非について審査し、同日深夜にも結論を出す見通し。日韓にまたがるグループトップへの捜査は大詰めを迎え、経営に及ぼす影響が注目される。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信