外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 ロッテの井口資仁内野手(38)が26日、楽天11回戦(Kスタ宮城)で日米通算2千安打を達成した。六回に田中から19号ソロ本塁打を放ってプロ野球通算1506安打とし、米大リーグでの494安打と合わせて17年目で大台に到達した。日本選手の日米2千安打はヤンキースのイチロー、巨人やヤンキースなどで活躍した松井秀喜、楽天の松井稼頭央、DeNAの中村紀洋に続いて5人目。

共同通信