外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ダナン共同】アジア太平洋の18カ国・地域の大学生らが手作りのロボットで技術を競うロボットコンテスト(ロボコン)が18日、ベトナム中部のダナンで開かれ、日本代表の金沢工業大(石川県)が優勝した。日本代表の優勝は2005年の東京大以来、8年ぶり2回目。コンテストはアジア太平洋放送連合(ABU、会長代行・小野直路NHK副会長)の主催。各国・地域の予選を勝ち抜いた19チームが参加した。

共同通信