【ジュネーブ共同】対人地雷全面禁止運動でノーベル平和賞を受賞したジョディ・ウィリアムズさんは27日、ジュネーブで記者会見し、人間の兵士に代わって敵を殺傷する「殺人ロボット兵器」の規制に関し「禁止条約など法的拘束力を持つ文書が必要だ」と訴えた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。