【ロンドン共同】初のイスラム教徒のロンドン市長となった労働党のサディク・カーン氏は8日付の英日曜紙オブザーバーに寄稿し、同氏をイスラム過激主義に結びつけた保守党のネガティブキャンペーン(中傷攻撃)を「(米大統領選で排外主義をあおる米実業家)トランプ氏の作戦と同じだ」と批判した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。