外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ローマ共同】今月末に退位するローマ法王ベネディクト16世(85)はコンクラーベと呼ばれる次期法王の選挙を当初言われていた3月15日以降ではなく、前倒しで実施できるよう規則を改定した。ローマ法王庁(バチカン)が25日、明らかにした。コンクラーベを実際にいつ開始するかは法王退位後に枢機卿会議が決める。コンクラーベは法王職が空席になってから15日以降、20日以内に開催すると規定されている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信