世界の出来事

 【カイロ共同】エジプト訪問中のローマ法王フランシスコは28日、昨年12月に過激派組織「イスラム国」(IS)のテロ攻撃を受けたカイロ中心部のキリスト教の一派、コプト教の教会を訪れた。コプト教の法王タワドロス2世と共に花束をささげ犠牲者を追悼した。

共同通信

 世界の出来事