外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【モスクワ共同】モスクワ郊外ブヌコボ国際空港で29日、ロシアの航空会社レッドウイングズが運航する旅客機ツポレフ204が着陸に失敗した事故で、対策本部当局者は30日、ブレーキ系統の故障が原因となった可能性が強いことを明らかにした。インタファクス通信が伝えた。レッドウイングズ機が最近、同様のオーバーラン事故を2回起こしていたことも分かった。製造元のツポレフ社は今回の事故前日の28日に、ブレーキ系統の改善指導を受けた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信