ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ロ南部で1キロ超の隕石破片発見

 【モスクワ共同】25日のタス通信によると、ロシア南部チェリャビンスク州中部のエトクリ地区で、同州周辺に落下した隕石の一部で重量1キロを超える塊が見つかった。これまでに発見された破片で最大とみられる。タスによると、この塊が発見されたのは24日夜。専門家は空気に触れると成分が変化する恐れがあるため、特殊な処理をした上で鑑定するとしている。これまでに発見された隕石と同種とみられる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。